マツダ3(アクセラ)

マツダは、タイとマレーシアで『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)の現地組立を実施すると発表した。

マツダのタイ販売統括会社マツダモーターセールスタイランドは2月28日、タイ市場向けの新型マツダ3の組み立てを、マツダとフォードの合弁製造会社オートアライアンス(タイランド)で開始したという。タイ国内では、新型マツダ3を『BT-50』『マツダ2』(日本名:『デミオ』)と並ぶ主力商品のひとつとして市場投入する。

また、マレーシアのマツダ車の販売統括会社のベルマツモーターは3月2日、イノコム・コーポレーションにマレーシア国内向けマツダ3の生産を委託し、マレーシア市場に投入すると発表した。ベルマツモーターは、2009年6月以降、日本から輸出したマツダ3を販売してきたが、販売台数の増加が見込まれるため、現地組立に切り替える。コスト削減や納期短縮などにつなげる。

マツダ3(アクセラ)