サーブ フェニックス

サーブは3月1日に開幕したジュネーブモーターショーにおいて、コンセプトカーの『フェニックス(PHOENIX)』を初公開した。

フェニックスは、次世代サーブのデザインとテクノロジーをアピールするコンセプトカー。次期『9-3』の車台をベースにした2+2のスポーツクーペの提案だ。

航空機メーカーとして出発したサーブらしく、フェニックスは航空機をモチーフにしたデザインを採用。とくに、ルーフ後部に見える翼状のウイングレットが目を引く。またサイドドアは、上方に大きく開口する。

1946年、サーブの第1号車として登場した『92001(Ursaab)』を意識したエアロダイナミクスデザインも特徴。空気抵抗係数を示すCd値は0.25と優秀だ。

パワートレインはハイブリッドとなっており、エンジンはオールアルミ製の1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ。最大出力200psを引き出し、前輪を駆動する。サーブは公表していないが、このエンジンはBMWから供給を受けるユニットのようだ。

リアに置かれるモーターは、最大出力34psを発生。サーブの4WD、「eXWD」システムを採用し、モーターは後輪を駆動する。エコ、スポーツ、トラクションの3モードが切り替えられる。

トランスミッションは6速MT。アイドリングストップやブレーキエネルギー回生システムの採用により、欧州複合モード燃費20km/リットル、CO2排出量119g/kmという環境性能を実現した。

サーブのJason Castriotaエグゼクティブデザインディレクターは、「フェニックスは将来のサーブのデザインを示した1台。空力性能を磨き込むとともに、情感に訴えかけるエアロモーショナルなデザインだ」と述べている。

サーブ フェニックス サーブ フェニックス サーブ フェニックス サーブ フェニックス サーブ フェニックス サーブ フェニックス サーブ フェニックス サーブ フェニックス Ursaab