インテリジェンスは、運営する転職サービスのデューダで転職希望者の「転職理由」について調査した「転職理由調査2011年上期版」を発表した。

調査は、昨年10月から今年1月までにデューダ転職支援サービスに登録する転職希望者のうち、約1万7000人を対象に実施した。

調査結果によると、転職理由は「会社の将来性が不安」が全体の12.8%で3年連続最多だった。次いで「他にやりたい仕事がある」が11.4%、「給与に不満がある」が8.0%と続く。

昨年3位だった「倒産/リストラ/契約期間の満了」が6位に下がったほか、最も多かった「会社の将来性が不安」も前年調査から1.9ポイントダウンし、景気回復感を示す結果となった。

業種別では「IT/通信/インターネット」で働く人の転職理由は、「専門知識・技術を習得したい」が、全体平均値を2.6ポイント上回る8.5%で3位となった。「幅広い経験を積みたい」、「市場価値を上げたい」も全体より高い割合の回答率となっており、IT関係は他の業種に比べ、スキルアップ志向の高さが際立つ。

また、「メーカー」は都心から離れた工場勤務の人が多いためか「U・Iターンしたい」が他業種に比べ目立つ。「メディカル」は「業界の先行きが不安」、「金融」は「顧客のためになる仕事がしたい」、「メディア」は「残業が多い/休日が少ない」が他業種に比べ多くなるなど、業種によって転職理由に差がある。

年代別では、20代は「他にやりたい仕事がある」や「残業が多い/休日が少ない」が、他の年代と比べて2ポイント以上高い。一方で30代では、「専門知識・技術を習得したい」や「幅広い経験/知識を積みたい」、「市場価値を上げたい」が他年代に比べ高い。30代は、これまで積み上げた経験をもとに、一層のキャリアアップを目指して転職する人が多い。

これが40代になると「会社の将来性が不安」、「倒産/リストラ/契約期間の満了」、「業界の先行きが不安」など、会社や業界への不安や、やむを得ない理由を挙げる人が目立つ。