出光興産は、2月の石油製品の卸価格の改定幅を発表した。

ガソリンの全国平均の卸価格は1月と比べて据え置きとなった。原油調達コストは上昇しているものの、在庫の状況や需要動向から引き上げを抑えた模様だ。

軽油の卸価格は1リットル当たり前月と比べて1.5円引き上げた。

3月は中東情勢の混乱で原油調達コストがさらに上昇する見通しで、卸価格の大幅引き上げが見込まれている。