FXNytro M-TX 162

ヤマハ発動機は、スノーモビル2012年モデルを発表した。

スポーツモデルの『FXNytro M-TX 162』と『FXNytro R-TX』をマイナーチェンジし、1機種を除いてその他のモデルはカラーとグラフィックを変更して2011年11月1日から発売する。3月10日から4月20日まで全国のヤマハスノーモビルショップで予約を受け付ける。

スノーモビルの2012年モデルは、スポーツモデル4機種、マルチパーパスモデル3機種の全7機種展開する。スポーツモデルで特に新深雪を主なフィールドとするFXNytro M-TX 162は、フローテーションの向上を図るために形状を変更した新型スキーと、良好な加速性能を実現する新型トラックを採用、ヒルクライムや新深雪の走破性を高めた。

ラフな圧雪路を得意とするFXNytro R-TXは、シャープな旋回性を実現するため、ソール形状を変更した新型スキーを採用した。フロントサスペンションへの取り付け位置も見直した。新型トラックは、効率的にエンジンパワーを雪面に伝えることで安定した加速性能を達成すると同時にトップスピードも向上させた。

FXNytro M-TX 162は、ブルーとブラックのカラーバリエーションを設定する。

このほかのスポーツモデル2機種、マルチパーパスモデルの2機種は、カラーとグラフィックを変更した。

価格はFXNytro M-TX 162が147万円。

FXNytro R-TX