MRワゴン

全国軽自動車協会連合会が発表した2月の軽自動車販売台数は、前年同月比9.0%減の14万8658台と低迷した。

前年同月がエコカー補助金制度の効果で販売ボリュームが大きく増えたため、反動で落ち込んだ。これで5か月連続のマイナスとなった。

車種別では、軽乗用車が同8.7%減の11万4343台と不振だった。軽貨物車は同10.0%減の3万4315台と、2ケタのマイナスだった。軽貨物車の内訳はボンネットバンが同5.1%減の3364台、キャブオーバーバンが同10.6%増の1万5076台と前年を上回った。トラックは同24.2%減の1万5875台と大幅に落ち込んだ。