トヨタ自動車は3月1日、ソラーズ・ブッサン社(Sollers-Bussan社)と『ランドクルーザープラド』の現地組立プロジェクトについて基本合意したと発表した。規模は、当面月1000台程度を予定している。

トヨタは、部品の供給を行うとともに、ソラーズ・ブッサン社により組立てられたランドクルーザープラドをトヨタの販売網にて販売する。ソラーズ・ブッサン社は、ウラジオストクの同社工場にて2012年春頃に組立を開始する。

トヨタでは、同プロジェクトにより、今後も市場の成長が期待されるロシアにおいて顧客の要望によりきめ細かく対応し、迅速に車両を提供することが可能になるとしている。