クーガ

期待と予想を超えていた??これが、欧州製フォード車として久々に日本の地を踏んだ『クーガ』の走りに対する、率直な印象だ。

2.5リットルの5気筒ターボ付きエンジン+5速ATというパワーパックが生み出す動力性能も去ることながら、特に好印象を抱かせてくれたのはシャシー/サスペンションの仕上がり具合。

そもそもは『フォーカス』のそれと血縁関係が強い骨格に、見ため上でSUVらしさを演じるべく大きめシューズを履くためか、ばね下の動き感が少々重々しく、不整路面通過時のステアリングへのキックバックも大きめといったネガティブ部分も感じるものの、ステアリング操作に対する動きはすこぶる正確で高速走行時のフラット感も高いあたりは、久々に味わう欧州製フォード車の「良き伝統」。

こうなると、2008年にモデルチェンジが行われた最新の『フィエスタ』や、フルモデルチェンジをしたての新型フォーカスなど、今では日本未導入となってしまったモデルの乗り味も是非試してみたくなるもの。そんなちょっと“罪作り”なクーガでもある。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。ワールド・カーオブザイヤー選考委員、インターナショナル・エンジンオブザイヤー選考委員。

クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ