GSR750(海外市場向け)

日本自動車工業会が発表した1月の二輪車の輸出台数は、前年同月比14.1%増の4万3664台となり、9か月連続で前年を上回った。

車種別では、原付一種が前年同期の約7.9倍の1008台となり、8か月連続でプラスとなった。原付二種は同43.5%増の3367台と2か月ぶりにプラスだった。

軽二輪車は同6.7%減の5200台と、6か月連続マイナスだった。小型二輪車は同12.8%増の3万4089台と3か月連続プラスだった。

地域別では、アジア、欧州向けを除いて前年を上回った。北米は同60.9%増の1万3319台と急増した。欧州はEU向けは堅調だったものの、東欧向けなどが低調で同0.3%減の1万9691台と微減だった。

メーカー別では、スズキとヤマハ発動機が大幅に増えた一方で、ホンダと川崎重工が落ち込んだ。

輸出金額は、車両分が3億78万ドル、部品分が1億2361万ドルで総額は4億2439万ドルとなり、前年同月と比べて15.2%の増加だった。