VFR1200F Dual Clutch Transmission

日本自動車工業会が発表した1月の二輪車の国内生産台数は、前年同月比0.8%減の5万4619台となり、11か月ぶりに前年を下回った。

国内需要、輸出ともに好調に推移しているものの、在庫調整などの影響で生産台数は微減となった模様だ。

車種別では、原付一種が同44.5%増の8350台と大幅に増加した一方で、原付二種は同21.2%減の4956台と低迷した。軽二輪車も同28.7%減の5794台と落ち込んだ。小型二輪車は同4.6%減の3万5519台だった。

1月の国内需要は同10.3%増の2万8811台と好調だった。輸出も同14.1%増と2ケタ増となった。