パーク24は、ロードサービス事業を展開するレスキューネットワークを子会社化するため、持株会社であるNMCファンド7有限会社の株式を取得することで合意した。

レスキューは、全国約8500のレッカー業者、整備工場ネットワークを活用してロードサービス事業、コンタクトセンター事業などを展開している。パーク24はレスキューを買収するため、株式を100%保有するNMCファンド7有限会社の全株式を3月8日付けで取得する予定。

パーク24は2009年3月にマツダレンタカーを買収し、レンタカー事業に参入すると同時に、駐車場事業とレンタカー事業とのシナジーによるカーシェアリングサービスの展開を開始した。今回、レスキューの買収で、レンタカー・カーシェアリングサービスの運営機能・バックヤードの強化を図る。

また、ポイントプログラム「タイムズクラブ」の会員をはじめ、各事業の顧客にロードサービス・車検・自動車整備などのサービスを提供して、グループによるシナジーを追求する。