グランドチェロキー

4代目となったジープ『グランドチェロキー』。今回のフルモデルチェンジでは、ほとんど全てを刷新したと言ってもいいほど大幅に手が加えられたのだという。

マーケティング・コミュニケーション課アシスタントマネージャーの千葉倫弘さんは、「先代のグランドチェロキーからイメージとして残しているのは、アイデンティティである丸型のヘッドライトと7本の縦型グリルくらいです」と語る。

「デザイナーがひとつだけ言ったのは、今までのグランドチェロキーの顔が嫌いだったということでした。そこを大幅に変えたいというのがあったようです」と話す。また、リアデザインに関しても、「今までのグランドチェロキーのテールランプは縦型でしたが、新型は横型にすることで、少し乗用車っぽい見せ方をしています」と説明する。

ほかにも、「シートひとつをとっても座面を大きくしたり、後部座席のレッグルームを広くしたり、リクライニング機能を付けるなどを行っているのです」と細部まで変更をしていることを強調する。

千葉さんは、「輸出戦略車両という言い方をこれまでもクライスラーはしてきましたが、それでも足りない部分がありました。そこで、アメリカ車だからという妥協を許さなかったのがこのクルマなのです。今後、(アメリカからの)輸出を考えているモデルに関しては、全てこのレベルとなるでしょう」と語った。

グランドチェロキー グランドチェロキー グランドチェロキー グランドチェロキー グランドチェロキー グランドチェロキー グランドチェロキー