http://travel.willer.co.jp/ship/

高速バスや深夜バスの予約・決済事業を展開するウィラートラベルは、フェリーや船の予約取扱いを開始する。

同社は2011年からの3か年計画で、従来利用していなかった人が、利用したくなるような価値を提供し、新たな移動市場の創造を掲げる。最初の取組みとして、全国のフェリー・船がオンラインで予約できるポータルサイトを2月28日に開設した。

フェリー・船ポータルサイトは開設時、全国の旅客船事業者22社と提携し、33航路の予約から決済までを手配できる。

フェリー・船の予約では、乗船・下船する県/港を指定し、その区間の航路を簡単に検索できる。エリア別の「運行航路一覧」からの検索で航路、運航スケジュール、船の設備、料金を調べることも可能。サイト内のマイページから印刷した乗船引換券を旅客船乗り場窓口で実際の乗船券と引き換える。

商品は、バスとフェリー・船を組み合わせている。出発地から港までバスで直行し、フェリーで目的地に行く連携商品を用意する。3月出発便には、東京から北海道が5800円、大阪から屋久島が9800円のキャンペーン商品を販売する。

4月からは携帯電話での予約にも対応する。旅客船事業者と協力してウエブ乗車券や、スマートチェックインの導入も検討する。

年内には70事業者数、100航路まで規模を拡大することを目指す。2011年の目標利用者数は10万人。