概要

富士通は、水素供給・利用技術研究組合(HySUT)と共同で、水素ステーションの水素の在庫状況や充填情報、稼働情報、燃料電池車両走行情報などの実証データをトータルに管理する「水素ステーション集中管理システム」を構築した。

HySUTは、燃料電池車のハイヤーや燃料電池バス向けに東京都杉並区、東京都大田区(羽田水素ステーション)、千葉県成田市(成田水素ステーション)に水素ステーションを開設、運営、管理を行っている。

水素ステーション集中管理システムは、水素ステーションに設置したパソコンとセンターシステムを連携させることで、変化し続ける水素量を管理できる。燃料電池自動車への充填、製造・調達・補充によりリアルタイムに増減する水素量を把握し、水素ステーションの稼働情報や燃料電池車両走行情報などの実証データを管理する。HySUTは、システムの実証データをもとに、水素の安定的な供給と将来のビジネスモデルを検証する材料として利用する。

富士通は、システムに必要となるハードウェア・ソフトウェア・ネットワークサービス・運用保守までワンストップでサービスを提供する。