オンスター対応ルームミラー

GMの車載テレマティクス、『オンスター』の中国での加入者が急増している。

これは25日、GMの現地合弁会社、上海オンスターテレマティクス社が公表したもの。同社の発表によると、25日の時点で、オンスターの中国の累計加入者数は20万人を突破したという。

米国の車載テレマティクスの草分け、オンスターは中国ではオンスター社、上海汽車、上海GMの3社が合弁設立した上海オンスターテレマティクス社が、サービスを提供している。2009年12月20日、その搭載第1号車として、キャデラック『セビルSLS』が、顧客に引き渡された。

現地でのサービスは、緊急通報、遠隔操作によるドアロック解除、盗難車追跡など、14のメニューを用意。丁寧なサービスが評価されている。同社によると、過去3か月に加入者数は、2倍以上のペースで増加したという。

オンスターの全世界での累計加入者数は、約600万人。世界最大の新車市場である中国では、さらにオンスター加入者が増えると見込まれている。