イメージ

21日午後8時30分ごろ、福井県福井市内の県道を横断していた70歳の女性が進行してきたクルマにはねられる事故が起きた。女性は重傷。クルマは道路沿いの空き家に突っ込み、弾みでガス管が破損。ガス漏れが発生し、付近が一時通行止めとなった。

福井県警・福井南署によると、現場は福井市加茂河原2丁目付近で片側1車線の直線区間。近くに住む70歳の女性が道路を横断していたところ、進行してきた乗用車と衝突。急ハンドルを切ったクルマはそのまま道路沿いの空き家に突っ込んだ。

女性は近くの病院に収容されたが、頭部や胸部を強打する重傷。クルマを運転していた同市内に在住する26歳の男性にケガはなかったが、衝突によって都市ガスを供給するガス管が破損。周囲にガスが漏れ出した。

現場の周囲にはガス臭が充満。爆発の危険性もあるため、警察では現場となった県道の約700m区間で約2時間に渡る通行止めを実施。この間にガス会社が復旧工事を行っている。

警察ではクルマの運転者から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞き、事故発生の経緯を調べている。