3月1日より日本版Autolib、EVのカーシェアリングが大阪で開始される

2011年3月1日より大阪府において開始される日産『リーフ』を使ったEVカーシェアリング。2月24日に行われた記者発表会では、この取り組みが、EVの使い方を啓蒙する活動であることが解説された。

オリックス自動車カーシェアリング企画部長の高山光正さんは「ガソリン車の使い方をそのままEVに置き換えるのでなく、EVだからできる使い方を広めていきたい」と語った。

カーシェアリング事業を各地で展開しているオリックス自動車によると、大都市圏で行われているカーシェアリングでは走行距離が50km以内が77%、120km以内が95%と、「短距離」「短時間」の利用が大半を占めるという。この短距離利用はEVの特性にマッチしており、利用者をEVに誘導することで、都市の低炭素社会化に貢献することが可能だ。

そこで、オリックス自動車は料金体系を変更し、EVの時間料金をガソリン車より低価格とし、近距離ではEV、長距離では距離料金を低価格としたガソリン車が割安になるように設定。EVが置かれるステーションには必ずガソリン車を配置して、目的に応じてクルマの使い分けができるようにした。

高山さんは、「ガソリン車と比較して航続距離が短いからEVは使えない」となるのでなく、「EV充電サーチ」で距離を検索し、充電スタンドの場所を確認し、エコモードで運転するなど、環境負荷のないEVの特性を活かした利用法を啓蒙していきたい」と語った。

3月24日以降、各ステーションでは「実際にEVを見てみたい」「カーシェアリングについての説明を聞きたい」というユーザーに向けての現地説明会も予定され、EV利用の促進が図られる。

また、リーフ導入記念として「無料お試しキャンペーン」も実施中だ。

3月1日より日本版Autolib、EVのカーシェアリングが大阪で開始される 3月1日より日本版Autolib、EVのカーシェアリングが大阪で開始される 3月1日より日本版Autolib、EVのカーシェアリングが大阪で開始される 3月1日より日本版Autolib、EVのカーシェアリングが大阪で開始される 3月1日より日本版Autolib、EVのカーシェアリングが大阪で開始される 3月1日より日本版Autolib、EVのカーシェアリングが大阪で開始される 3月1日より日本版Autolib、EVのカーシェアリングが大阪で開始される 3月1日より日本版Autolib、EVのカーシェアリングが大阪で開始される 3月1日より日本版Autolib、EVのカーシェアリングが大阪で開始される 3月1日より日本版Autolib、EVのカーシェアリングが大阪で開始される 3月1日より日本版Autolib、EVのカーシェアリングが大阪で開始される