フォレスター

富士重工業が発表した1月の生産・国内販売・輸出実績によると、世界生産台数は前年同月比3.4%増の5万0914台と15か月連続で前年を上回った。

国内生産は同4.3%減の3万6210台と4か月連続でマイナスとなった。『レガシィ』や『フォレスター』が好調で登録車の生産台数が4か月ぶりに前年を上回ったものの、軽自動車が大幅に落ち込んだ。


国内販売は同2.7%減の1万0835台と、4か月連続でマイナスとなった。登録車は同3.4%増の4891台と、4か月ぶりにプラスだったものの、軽自動車が同7.1%減の5944台と落ち込んだ。

海外生産は米国のレガシィが好調で同29.1%増の1万4704台。1月として過去最高となった。

輸出も1月の過去最高を更新した。同27.3%増の2万9590台で2か月連続プラスだった。米国、ドイツ、ロシア、中国向けが好調に推移した。

レガシィ