相川哲郎常務

三菱自動車の相川哲郎常務は24日、スズキからOEM(相手先ブランドによる生産)調達して来月10日から国内で販売を開始する『デリカD:2』について、ワンボックスミニバン、デリカシリーズの中で下から2番目に小さいクラスという意味合いからネーミングしたと披露した。

D:2の主なターゲットユーザーについて相川常務は「『コルト』、あるいは『eKワゴン』など軽自動車からのアップサイズ、またミニバンや『グランディス』から次回はダウンサイズを志向されるユーザー」とした。

相川常務は「デリカといえばワンボックスミニバンと認知されていることから、今回のワンボックスミニバンタイプの新型車の投入を機に、ワンボックスミニバンタイプの車をデリカシリーズと呼ぶことにした」という。

「軽自動車からラージサイズまで5つにカテゴリー分けをし、下から2番目のカテゴリーという意味で“2”を採用した」

「従来『デリカD:5』の“5”は5代目という意味合いでつけていたが、今後は5代目という意味合いと、最も上のクラスの5という意味を兼ねることにした」

デリカD:2 デリカD:2 デリカD:5