岡崎の新塗装工場

三菱自動車は2月25日、名古屋製作所(愛知県岡崎市)に既存の塗装工場に代わる新たな塗装工場を竣工したと発表した。

新しい塗装工場は、国内生産工場としては水島製作所に続いて2か所目となる「水性3WET塗装」を採用した。3WET塗装では、溶剤塗料を水性塗料に変更し、VOC(揮発性有機化合物)排出量を従来より6割削減することができる。中塗り・上塗りのカラーベースとクリアの3層を連続して塗り重ねた後、1回で焼き付ける工法となるため、乾燥炉の通過が1度で済み、エネルギー消費量の削減も図れる。

新工場には、ロボットタイプの新コンセプト電車搬送方式を採用し、下塗り新電着方式をラインに初めて導入した。車種ごとの形に合わせ最適な動作と自由な設定が可能で、車体内部のエアポケットを無くし、防錆品質向上につなげる。

さらに、塗装工場で大量の熱を発生する乾燥炉や、焼付け直後の熱い車両をストレージするエリアを上階に配置し、人が作業を行う工程を1階に配置することで職場環境の改善も図った。車体を搬送するコンベアに金属チェーンのない「フリクションコンベヤ」を採用、工場騒音を低減するなど、人と環境に配慮した工場を目指した。

新塗装工場の屋根には、50kW太陽光発電パネルを設置し、クリーン電力を事務所照明に使用する。

下塗り新電着塗装方式