C8エルロン

2010年初頭、サーブ買収で一躍有名となったオランダのスーパーカーメーカー、スパイカーカーズ。同社がスポーツカー事業の売却を発表した。

これは、同社が24日に明らかにしたもの。スパイカーカーズの本業であるスポーツカーの製造・販売部門を、英国コベントリーに本拠を置くCPPグローバルホールディングズに売却することで合意に達したという。

スパイカーカーズ社は1997年に設立。1880〜1925年、オランダに存在していた自動車メーカー、スパイカー社とは無関係だが、スパイカー社の精神を受け継ぐメーカーである。

スパイカーカーズ社の市販第1号車が、2000年に発表された『C8ラヴィオレット』と、そのオープン版、『C8スパイダー』。ラヴィオレットの後継車として、09年3月には『C8エルロン』を発表した。さらに09年8月、『C8エルロンスパイダー』を初公開。アウディ製の4.2リットルV型8気筒ガソリン(最大出力400ps)を搭載し、最高速300km/hを誇るスーパーカーだ。

今回のスポーツカー事業売却により、スパイカーカーズはサーブの経営に集中する体制に。同社は近く、社名を変更する見通し。スパイカーカーズCEO兼サーブ会長のビクター・ミューラー氏は、「これは限られた経営資源を有効活用するための決断だ」と述べている。

9-5