本社

GMは24日、2010年通期の決算を公表した。6年ぶりの黒字計上を果たしている。

同社の発表によると、売上高は1355億9200万ドル(約11兆1100億円)、純利益は46億6800万ドル(約3825億円)。2004年以来、6年ぶりの黒字となった。

また、同時に公表された2010年第4四半期(10〜12月)決算は、売上高が369億ドル(約3兆0238億円)と、前年同期に対して14.2%増加。最終損益は5億1000万ドル(約418億円)の黒字と、前年同期の赤字から脱却した。

GMのダン・アカーソンCEOは、「新生GMは、確実に利益を生む体制に変わった」と述べ、2009年の経営破綻後の急速な回復ぶりをアピールしている。