RAV4

米国トヨタ販売は24日、米国で販売したトヨタとレクサス車の合計217万台をリコール(自主回収・無償修理)すると発表した。

今回のリコールは、2009年11月に実施したリコールに追加する形で行うもの。その内容は、フロアマットにアクセルペダルが引っ掛かり、戻りにくくなるというものだ。

対象となるのは、2003〜09年型の『4ランナー』(日本名:『ハイラックスサーフ』)が60万3000台、2008〜11年型のレクサス『LX570』(日本名:トヨタ『ランドクルーザー100』のレクサス版)が1万7000台、2006〜10年型の『RAV4』が76万1000台。合計138万1000台である。

また、アクセルペダル右側の樹脂製パッドに関する自主リコールも新たに発表。こちらは、2004〜06年型の『ハイランダー』(日本名:『クルーガー』)が39万7000台、2006〜07年型のレクサス『GS』が2万台、2004〜07年型のレクサス『RX』(日本名:トヨタ『ハリアー』)が37万2000台の合計78万9000台が対象だ。

今回のリコールは、欧州などを含めると全世界では239万台が対象。なお、日本で販売したモデルは該当しない。

4ランナー RX