豊田通商は、子会社のグリーンメタルズ北陸が宮城県黒川郡大和町に鉄を中心とした金属スクラップの加工を行う工場を新設すると発表した。

セントラル自動車や関東自動車工業など、東北地区はトヨタ系の自動車産業の進出が活発化しており、これに伴って金属スクラップ発生増に伴う加工の需要拡大が見込まれ。こうした需要に対応するため、新工場を建設して加工能力を増強する。

新工場の投資額は約9億円で、今年11月から操業する予定。

豊田通商は、2000年4月米国ケンタッキー州に工場発生金属スクラップの直営リサイクル会社のグリーンメタルズを設立し、物流改善と環境対策を柱としたビジネスモデルを確立した。これをベースに金属スクラップ加工事業のグローバル展開を進めており、現在までに全世界で19工場が稼動している。

今回、新たに東北に直営工場を新設し、金属スクラップを中心とした環境配慮型のリサイクル事業を推進するとしている。

一方、グリーンメタルズ北陸は4月1日付で、社名を「グリーンメタルズ」に変更する。