MINIクロスオーバー

“MINIが欲しいけど、2ドアとサイズがちょっと”、という人には本来、MINIを勧めなくていいし、だからこそMINIの価値があるのだと思っていたのだけれど……。ああ出ちゃったね、というのが正直な感想だ。

ヤングファミリー向けのMINI、降雪地帯に住む人のためのMINI、として、ブランドの大義名分とビジネスの勝算は確かに両立する。乗ってみれば、それほどMINI的な動きもなく、いたってフツウのコンパクトカー。内外装の雰囲気とデコレーションでMINI気分を味わうほかないのだけれど、それでも乗りたかった人ならば満足できるだろう。

メーカーも、それがビジネスなんだからしょうがない。拡大するほかないのかも知れない。けれどもMINIは、MINIだけは、少なくともラインナップ拡大をせずに高い人気を誇りながら続けられる初めてのケースになるのでは、と期待していたのだが……。それとクルマの評価は別だとしても、ちょっと残念。

そろそろブランド性あるクルマは、“みんなのために”の姿勢を崩した方がいいのでは? 

できれば、コイツのクーペ版(=アメリカ人のためのMINIだ)が、日本市場に投入されないことを願って……。でっかいMINI、欲しい人が仮にいたとしても、ブランドの未来を考えると、自重のしどころだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

西川淳|自動車ライター/編集者
産業から経済、歴史、文化、工学まで俯瞰して自動車を眺めることを理想とする。高額車、スポーツカー、輸入車、クラシックカーといった趣味の領域が得意。中古車事情にも通じる。永遠のスーパーカー少年。自動車における趣味と実用の建設的な分離と両立が最近のテーマ。精密機械工学部出身。

MINIクロスオーバー MINIクロスオーバー MINIクロスオーバー MINIクロスオーバー MINIクロスオーバー MINIクロスオーバー MINIクロスオーバー MINIクロスオーバー MINIクロスオーバー MINIクロスオーバー MINIクロスオーバー