オリックス自動車は、日本ユニシス、イード、JCBとともに、3月1日から大阪府内で電気自動車(EV)のカーシェアリング事業を開始すると発表した。

EVカーシェアリングは、大阪市中央区の大手通3丁目や豊中市の千里中央第3立体駐車場、大阪市鶴見区のイオンモール鶴見リーファなど、府内6か所に、日産自動車のEV『リーフ』を配車して実施する。

大阪でのEVカーシェアリングは、環境省の地球温暖化対策技術開発等事業の「EVによる日本版Autolibに関する技術開発」の採択を受けた「大阪EVアクションプログラム」の一環として実施する。

オリックス自動車が充電インフラシステムと連携したカーシェアリングサービスを提供し、日本ユニシスが各システムと連携した充電インフラシステムを提供する。イードは、目的地までの走行距離やEVの充電場所情報を『iPhone』向けに「EV充電サーチ」で提供する。JCBは、「おおさか充電インフラネットワーク」利用時にポイントが付与されるエコ・アクション・ポイントプラットフォームを提供する。

利用するには、「オリックスカーシェア」への会員登録が必要。利用する場合、携帯電話やパソコンなどで予約し、ICカードを使って車両を利用、利用後は所定のスペースにEVを戻すと返却が終了する。

料金は15分150円からで、1km走行ごとに30円が必要。