フィアット 500 byグッチ

フィアットは23日、3月1日に開幕するジュネーブモーターショーにおいて、フィアット『500』の特別モデル、『500 byグッチ』を初公開すると発表した。

同車はイタリアの有名ブランド、グッチ(Gucci)とのコラボレーションで生まれたモデル。グッチのクリエイティブディレクター、フリーダ・ジャンニーニさんの意見を取り入れ、カスタマイズされた。

外観は、専用のパールグラス塗装仕上げ。ブラックとホワイトの2色が用意され、クロームメッキパーツ採用の効果もあって、プレミアムな雰囲気を放つ。

アルミホイールも専用デザインで、センターキャップはグッチのマーク入り。ボディサイドには、グッチの象徴でもあるグリーン、レッド、グリーンのストライプが添えられた。

インテリアは、ツートンのレザーシートを標準装備。シートベルトやシフトレバー、キーカバーなどがボディストライプと同パターンになるほか、ヘッドレスト部分にはグッチのマークが刻印される。

500 byグッチは4月1日から、特設サイトで受注を開始。欧州では、7月から納車が始まる予定だ。イタリア本国価格は、1万7000ユーロ(約193万円)から。東京でも展示されることが決まっているため、日本導入の可能性も高いと思われる。

フィアット 500 byグッチ フィアット 500 byグッチ フィアット 500 byグッチ