XKR-S

ジャガーは22日、3月1日に開幕するジュネーブモーターショーにおいて、『XKR-S』を初公開すると発表した。

XKR-Sは、2ドアクーペ&コンバーチブルの『XK』シリーズの頂点に立つスポーツグレード。スーパーチャージャーエンジン搭載の『XKR』をベースに、さらなる性能アップが図られている。

直噴5.0リットルV型8気筒スーパーチャージャーユニットは、吸排気系を中心に専用チューンを実施。この結果、最大出力550ps、最大トルク69.3kgmを引き出す。これはベースとなったXKRよりも、40ps、7.1kgm強力なスペックだ。

XKR-Sのパフォーマンスは、0-96km/h加速4.2秒、最高速300km/hの実力。それでいて、CO2排出量は300g/km以下と、クラストップレベルを実現しているという。

パワーアップに対応して、サスペンションやブレーキを強化。専用フロントスポイラー&リアスポイラーなど、空力性能にも磨きがかけられた。足元は、専用のアルミホイールで引き締められた。

同社のアドリアン・ホールマーク常務は、「XKR-Sはパフォーマンスと快適性を両立したエンスー向けモデル」と語っている。

XKR-S