クーガ

最新のクルマで印象に残っているのは? と聞かれて即答できる1台が『クーガ』である。スポーツワゴンふうのクロスオーバー、といったカジュアルなスタイルが親しみやすい。乗ってひと周りしただけでも感じられる運転のしやすさ、ヒトとクルマの「調和」が取れていることが何よりも素晴らしい。

ステアリングやペダル類、シートも含めて手や足や体で触れるものすべてが、しっくりと自然に人間の感覚に馴染み、その動きとクルマの動きに一体感がある。そんな当たり前のことがクーガは特にいい。
 
乗員の着座位置はひとクラス上の高さがある。つまり同じクラスのライバルを見下ろす眺めで、視界は広い。高い位置からでもまったく不安を感じさせないのは、欧州の速い移動速度で育った操縦安定性の高さから。加速、減速、コーナリングでもボディの動きは最小限、乗員の頭部の動きを抑え不安を与えないことも、いいクルマと評価できる要因だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★ 
インテリア:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
お勧め度:★★★★★

桂伸一|モータージャーナリスト/レーシングドライバー
1982年より自動車雑誌編集部にてリポーター活動を開始。幼年期からの憧れだったレース活動を編集部時代に始め、「乗れて」「書ける」はもちろんのこと、読者の目線で見た誰にでもわかりやすいレポートを心掛けている。レーシングドライバーとしての戦績は、アストンマーティン・ワークスからニュルブルクリンク24時間レースに参戦。08年クラス優勝、09年クラス2位。10年は…!? レース直前にスポンサー絡みのドライバーに割り込まれて不参加。世知辛い世の中であります。

クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ