電気自動車の駆動用バッテリーを住宅用蓄電池として利用できる  「インテリジェントパワーコンディショナ」

シャープは22日、三菱自動車の電気自動車『i-MiEV』に搭載される駆動用バッテリーを、住宅用の蓄電池として利用する「インテリジェントパワーコンディショナ」を開発したと発表した。

同社が開発したインテリジェントパワーコンディショナは、太陽光発電システム用パワーコンディショナの開発で培った電力制御技術を活用し、「太陽電池」と「蓄電池」が「系統電力」と連携して、安定した電力を供給するもので、将来の「DC家電」の普及を見込み、直流電力の供給も可能。

実証実験では、市販の i-MiEVの駆動用バッテリーをベースとする蓄電池から8kWの電力供給に成功。また、「インテリジェントパワーコンディショナ」から電気自動車の駆動用バッテリーに対しては、4kWhのエネルギーを約30分で充電できる性能を持つ。

太陽光発電システムの普及拡大など、再生可能エネルギーを有効活用する取り組みが重要となりつつある。特に蓄電池は、太陽電池が発電するエネルギーを一時的に蓄電し、発電しない夜間などに家庭用の電力として使用できることから、実用に向けた開発が活発化している。

同社では、この技術を応用することで、今後普及が見込まれる電気自動車の駆動用バッテリーを住宅用蓄電池として活用できるとみて、安全性、信頼性などを確認する実証実験を重ね、早期の実用化を目指す。

電気自動車の駆動用バッテリーを住宅用蓄電池として利用できる  「インテリジェントパワーコンディショナ」