日信工業は、ホンダエンジニアリングの大河原栄次社長が社長に就任する人事を内定した。6月中旬開催の定時株主総会とその後の取締役会で承認を得て正式に就任する。

同社では、急激な経営環境の変化に迅速に対応するとともに、グループ全体の活性化、企業価値の向上を図るためトップが交代するとしている。窪明弘社長は退任する。

大河原氏は静岡大学工学部卒後、1981年ホンダに入社し、、浜松製作所で四輪工場長や生産本部の中国生産担当などを経て2006年に執行役員就任、2009年にホンダエンジニアリングの社長に就任(兼任)した。