フィット

ホンダは、営業部門の強化に基づき、組織を再編する。「日本営業本部四輪営業部」、「日本営業本部四輪営業部企画業務室」、「日本営業本部四輪営業部軽事業室」を廃止するなどの組織の簡素化を図る。

ホンダの国内の四輪事業は苦戦しているため、総合力を発揮できるように組織を簡素化する。伊東孝紳社長が四輪事業本部長を担当するため、トップダウンで営業戦略を推進する体制を構築する狙いもある。

また、国内販売ネットワークの見直しを進めるため、「日本営業本部連結販社事業部」、「日本営業本部地区事業部」、「日本営業本部営業企画室」を新設する。

日本営業本部四輪営業部販売業務室は「日本営業本部販売業務室」に名称を変更。「日本営業本部営業IT室」も新設する。

日本営業本部リサイクル推進室は「日本営業本部環境・リサイクル推進室」に名称変更する。

さらに「二輪事業本部二輪営業部」、「汎用事業本部購買四部」、「生産本部熊本製作所購買部」を新設する。