ティーザー

BMW AGは、電気自動車(EV)やハイブリッドカーなどの電動化技術を採用したモデルの新ブランド「BMW i」を発足させると発表した。

新ブランドのBMW i は、環境対応技術を強化するため、電動化技術を採用、製品やサービスについて専用開発・生産し、持続可能なプレミアム・モビリティを実現するとしている。

新ブランドの第1弾として、2013年からEVの「i3」とプラグインハイブリッドの「i8」の2モデルの導入を決定している。

i8とi3はBMWのライプツィッヒ工場で生産する。同工場は2013年までに約4億ユーロを投資して新しい設備を導入する。

さらに、BMW i ではプレミアム・モビリティ・サービスなど、自動車とは別にも利用できる幅広いモビリティ・サービスを提供していく方針。特に、既存の駐車スペースの有効利用、地域情報、異なる交通機関の乗り換えを含めたルート提案機能を備えた高度なナビゲーション・システムやプレミアム・カーシェアリングなどの導入を検討する。

一方、自社開発サービスに加え、提携先を模索し、モビリティ・サービス業者への戦略的投資についても検討する。今後数年の間にモビリティ・サービスを大きく拡大する一環として総額1億ドルを投じて米国ニューヨーク市にベンチャー投資会社「BMW iベンチャーズ」を設立した。新会社は、革新性に突出したサービス業者への出資を通して、BMW i が提供する製品やサービスのラインアップを長期的に拡大していく構え。

ティーザー ティーザー ティーザー ティーザー ティーザー ティーザー