iのイメージスケッチ

BMWグループは21日、新ブランドとして「BMW i」を立ち上げると発表した。EVやプラグインハイブリッドなど、次世代環境対応車を取り揃えるブランドとなる。

このBMW i ブランドからは2013年、2モデルが先行デビュー。そのひとつが、『メガシティビークル』(仮称)として予告されていた小型EV、『i3』。もうひとつが、コンセプトカーの『ヴィジョンエフィシエントダイナミクス』の市販版として登場するプラグインハイブリッドスーパーカー、『i8』だ。

両車の詳細は公表されていないが、BMWによると、アルミ製シャシーにCFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)製キャビンセルを組み合わせた軽量構造になるという。両モデルは電気モーターとパワー・エレクトロニクス、高電圧リチウムイオン・バッテリーの部品を共有し開発と生産の効率化を図る。車両の生産は、ドイツ・ライプツィヒ工場で行われる。

BMWグループは「i」ブランド立ち上げに連動して、「BMW i ベンチャーズ」社を米国ニューヨークに設立。その子会社の「マイシティウェイ」が、スマートフォンを通じた情報配信サービスを開始する予定だ。

BMWで販売・マーケティングを担当するイアン・ロバートソン取締役は、「iはプレミアムカーの新しい形。BMWグループは、持続可能性を重視しながら、未来志向の自動車や関連サービス、刺激的なデザイン、斬新なコンセプトにもとづくプレミアム・モビリティを提供する」と述べている。

BMWグループは、i3とi8のイメージスケッチを公表。キドニーグリルは装着されているものの、MINIと同様、BMWのエンブレムは付かないと見られる。

iのイメージスケッチ iのイメージスケッチ iのマーク