パーク24は、同社が運営する時間貸駐車場「タイムズ」の運営件数が時間貸駐車場運営件数で国内最多となる1万件を達成したと発表した。

同社は、1991年12月東京都台東区上野に日本初の24時間、無人で利用できる時間貸駐車場としてタイムズ1号店を開設した。

それまで1日単位だった駐車場の料金体系を15分100円や20分100円など、「とめた分だけ払う」という画期的な料金体系の導入が消費者から評価され、都市部を中心に駐車場数を拡大、1号店開設から約19年間で42都道府県にネットワークを広げ、1日延べ90万人がタイムズを利用している。

また、ネットワークの拡大とともに、利便性を高めるため、全駐車場をオンライン化。サービスとして全駐車場の「クレジットカード対応」や、「満車空車情報配信サービス」「会員制ポイントプログラムの導入」「交通ICパーク&ライドサービス」など、利便性の高い他社と差別化したサービスを積極的に導入してきた。同社では今後も、路上駐車のない街を目指し、タイムズを1件でも多く設置することが社会的使命と捉え、駐車場ネットワークを拡大していく方針だ。