インテグラの痛車で全日本ラリー選手権に参戦(C)copyright 2011 MELONBOOKS Inc. all rights reserved.

19日、アニメーション関連の専門店舗がメインスポンサーのメロンブックスラリーチャレンジチームは、2011年も、ホンダ『インテグラ』の「痛車」で全日本ラリー選手権(JRC)に参戦すると発表した。

11年度は、JRCのカレンダー8戦中6戦に参戦の予定。グラベル(未舗装)イベントの増加により、ターマック3戦、グラベル3戦への出場を予定している。

参戦マシンは、インテグラタイプR(DC2)で、クラスはJN-3(排気量1600cc - 3000cc)。ドライバーは、昨年に引き続き眞貝知志選手を起用。チーム体制は、中村信博チーム代表監督に加え、プロデュースアドバイザーとして清川博史氏を招いた。

メロンブックスラリーチャレンジは、2008年に、全日本ラリー選手権のクラスチャンピオンを獲得。2010年には、ターマックイベント全勝・JN-3クラス最多勝利の記録とともにシリーズ2位の戦績を収めている。

眞貝選手は、昨年のターマックイベントで見せた圧倒的なスピードと、それによって得られたシリーズ2位という結果が大きく評価され、チームとしては初となる2年連続での起用となった。

参戦マシンのインテグラは、昨年グラベルイベントで満足な成績を得られなかった反省を活かして、今期は特にグラベルでの戦闘力アップを主眼に置いたモディファイが加えられる。また、新カラーリングが、3月20日に東京・台場で行われるイベント「痛Gふぇすた」において発表される予定。