駆動方式別 Special Lessonの講師は4人のトップドライバーが担当する(写真はイメージ)

富士スピードウェイは3月26日、ファン感謝イベント「FUJI SPEEDWAY MOTORSPORTS DREAM 2011」の特別企画として、サーキットでの走行を学ぶことができるイベント「駆動方式別 Special Lesson」を開催する。

駆動方式別に、FF、FR、MR&RR、4WDの4クラスを設定し、駆動方式の特性を活かした走り方について、各クラス専任講師がレクチャーをおこなう。講師には土屋圭市氏(FR)、服部尚貴氏(FF)、新田守男氏(MR&RR)、松田次生氏(4WD)といったトップドライバーを予定している。

FISCOライセンス所持者が対象だが、ライセンス未取得者向けに、当日の取得が可能なセットプラン「ライセンスパック」も設定する。

特典として講師のサイン入りグッズ、スーパーGT第2戦(4月30日〜5月1日)観戦チケットをフリー走行のラップタイムに応じてプレゼントする。

募集台数は各クラス30台、参加料はFISCOライセンス所持者が1万4000円、ライセンスパックが4万9500円(ライセンス取得料を含む)。

ドライビングレッスン風景