豊田自動織機は2月21日、東洋電機製造と資本提携することで合意した。産業機械分野のモーター・インバーター事業で相乗効果を追求、合弁会社も設立する。

豊田自動織機は電動フォークリフトで培った中小型・高効率の電気駆動システム技術を持ち、東洋電機製造は鉄道分野の高圧・大容量のモーター・インバーター・制御技術に強みを持つ。フォークリフトや建設機械などの産業機械分野でも環境対応のため、走行や作業の電気駆動化が求められる中、、両社は双方の強みを持ち寄り、小型から大型まで広い領域でモーター・インバーター、電気駆動システムを開発、産業機械の電気駆動化技術を強化することで合意した。

産業機械向けモーター・インバーター、電気駆動システムを開発・製造する合弁会社を豊田自動織機60%、東洋電機製造40%の出資比率で2011年6月をめどに設立する。

さらに、豊田自動織機と東洋電機製造の提携をより強固なものとするため、相互に両社の株式を保有する。豊田自動織機は東洋電機製造の発行する第三者割当増資210万株を約10億円で引き受け、4.3%を保有する。東洋電機製造は、豊田自動織機の株式を約10億円分、市場で買い付ける。