セブン&アイ・ホールディングスは、米国子会社の当社の連結子会社である7-イレブンがイリノイ州の有料高速道路にある店舗を取得すると発表した。

イリノイ州の有料高速道路と、店舗を運営する契約を3月24日に締結する予定。

現在はエクソンモービルが運営している有料高速道路のサービスエリアにあるコンビニエンスストアなど、13か所を取得する。

セブン&アイでは、北米でのコンビニエンスストア事業の店舗網拡大と収益拡大を図る。コンビニの店舗数が飽和し、消費が低迷している日本市場よりも、相対的に成長が見込める米国での事業展開を加速する。