カーコンビニ倶楽部は、「カーコン」ブランドを新たな自動車関連事業に横展開するロイヤリティビジネスを強化する。

同社では、以前ヤマト車検という名称で車検事業を展開していた。ヤマト車検の対応店舗数は約180店舗に達していたが、一層の店舗数拡大を図るため2010年4月、名称を「カーコン車検」に切り替えた。その結果、対応店舗数は急速に増加。現在(2011年2月)までに約280店舗に拡大している。

カーコン車検へのブランドの切り替えにより、店舗数が急拡大した成功体験を生かし「カーコンビニ倶楽部」ブランドを活用できる新規事業の開拓に取り組む。

ブランドを付与する新事業の確立に向け、他社との連携を加速する。カーコンビニ倶楽部は「自動車の軽板金補修ブランド」というイメージ・認知が浸透しているため、自動車に関係する新事業にブランドを付与できれば、ユーザーの認知・信頼を短期のうちに得ることができ、事業の成長に大きく貢献できるとしている。