マイクラ(日本名:マーチ)

欧州日産は18日、『マイクラ』(日本名:『マーチ』)に新型スーパーチャージャーエンジンを搭載すると発表した。スーパーチャージャーといえばスポーティなイメージがあるが、このエンジンは環境性能の高さが売りだ。

新型エンジンは「DIG-S」と呼ばれ、直噴1.2リットル直列3気筒ガソリンをミラーサイクル化したもの。ミラーサイクルは熱効率が高いというメリットを持つが、高出力化できないという欠点を持つ。それをカバーするために、スーパーチャージャーを採用する。

エンジンスペックは、最大出力98ps、最大トルク14.5kgmと、1.2リットルでありながら、1.5リットル自然吸気並みの性能を発揮。最高速は180km/hに到達する。フォルクスワーゲングループがエンジンのダウンサイジングを積極的に推進しているが、日産の新エンジンも同様の性格を持ったユニットなのだ。

また、日産が「ガソリン車で世界最高レベルの環境性能を目指した」と言うだけに、環境性能は優秀。スーパーチャージャーはON-OFFクラッチを備え、市街地などの低速運転域で過給をカット。さらに、アイドリングストップの採用やエンジンのフリクション低減などにより、欧州複合モード燃費24.4km/リットル、CO2排出量95g/kmを実現する。欧州メーカーが投入する最新クリーンディーゼルにも対抗できる水準だ。

このDIG-S エンジンを積むマイクラは、3月1日に開幕するジュネーブモーターショーでワールドプレミア。欧州では夏頃、販売がスタートする。日産は、日本市場への導入も検討している。

マイクラ(日本名:マーチ) マイクラ(日本名:マーチ) マイクラ(日本名:マーチ) マイクラ(日本名:マーチ) マイクラ(日本名:マーチ) マイクラ(日本名:マーチ) マイクラ(日本名:マーチ) マイクラ(日本名:マーチ) マイクラ(日本名:マーチ)