プリウスPHV「NERV仕様」を披露(写真はイベント予告サイト)(C)カラー

トヨタマーケティングジャパンは18日、アニメ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』とタイアップしたイベント「ヱヴァンゲリヲン×箱根町×TOYOTA 電力補完計画 in 第3新東京市立第壱中学校」を実施すると発表した。

3月12・13日、19・20・21日の5日間、箱根仙石原の旧・仙石原中学校を「エヴァンゲリオン」の主人公が通う「第3新東京市立第壱中学校」に見立て様々なイベントを実施する。

同イベントは、エヴァンゲリオンの中に登場する「特務機関NERV」の公用車にトヨタのプラグインハイブリッド『プリウスPHV』が認定されたのを記念したもので、スタジオカラーとグラウンドワークス監修のもと、箱根町観光協会と協力して実施される。

会場の校舎内には、プリウスPHVの他、イベントに合わせ特別に制作した「NERV仕様プリウス」、「EVAカラープリウス」(初号機・2号機)を展示。校庭にはローソンの協力のもと、AR(拡張現実)による“等身大”の「初号機」が登場予定。

プリウスPHVの「NERV仕様」が登場する。(C)カラー