経済産業省は18日、「新卒者就職応援プロジェクト」の職場実習に参加した実習生4988人の就職状況を公表した。2010年度前半(4月〜12月実施)の職場実習成立人数は4988人で、そのうち就職した人は36.7%となる1831人であった。

同プロジェクトは、厳しい雇用情勢下、特に支援が必要な未就職新卒者と今春以降の卒業予定者に、中小企業における長期の職場実習(インターンシップ)の機会を提供、中小企業の魅力を発見し、そこに活躍の場を見出す機会とする目的で実施している。

実習期間は原則6か月で、受入企業には教育訓練費助成金として日額3500円、実習生には技能習得支援助成金として日額7000円を支給、1万5000件の実習成立を目指している。

同省では、年度後半は2月10日現在、職場実習成立人数は1774人で、以降更に1万人の実習成立を目指して、マッチングを実施していくとしている。