ニチリンは、インドネシアに自動車用ホースを製造する工場を新設すると発表した。

インドネシア市場は、急速な経済成長を続けており、特に二輪車市場は人口、国民所得の増加、交通インフラ整備の進行を背景に順調に拡大している。

同社は、ASEAN地域にはベトナムに子会社、タイに関連会社があり、インドネシアは、P.T.ミトラミタル社への技術援助で対応してきたが、顧客ニーズにより迅速に対応するため、拠点設置を決めた。

ニチリンはミトラメタルと合弁会社の設立を検討してきたものの、進出が遅れる見通しとなったため、100%出資で単独進出する。

ジャカルタ近郊の西ジャワ州に「P.T.ニチリン・インドネシア」を4月にも設立する。資本金は320万USドル。2012年6月から操業を開始する予定。