雪上救援研修のようす

日本自動車連盟(JAF)は、2月1日〜2月末日まで、全国の6支部から6人のロードサービス隊員が札幌支部に集まり、雪により増加するロードサービス救援依頼をサポートしている。

支援に派遣された隊員は、普段は雪の無いエリアで業務に当たっている隊員がほとんどだが、現地で実技研修を積みながら、雪によるトラブルの救援作業を行っている。

札幌の今冬は、雪も多く、札幌での1月のロードサービス実施件数は前年同月よりも4694件多い1万2036件、前年同月比63.9%と急増している。雪道での救援依頼では、早急に現場到着することが求められるため、各支部から応援を派遣してJAF会員に対するサービスの充実を図る。

雪上救援研修のようす