デンソーなどが参加するDSI(ディストリビューテッド・システムズ・インターフェイス)コンソーシアムは、自動車電子制御ユニット(ECU)とセンサ/アクチュエータ(作動装置)を結ぶ通信規格で、次世代規格となるDSI3技術仕様Version 1.0の策定を完了した。

DSIコンソーシアムは、2009年9月にデンソー、フリースケール・セミコンダクタ、TRWオートモーティブ・ホールディングスの3社が、DSIの規格の推進と発展を目的に設立した団体。参加企業がそれぞれの専門知識を発揮し、業界を超えた団体として積極的に次世代規格の策定を進めてきた。

今回策定を完了した新たなDSI3規格は、安全性が重視される自動車電子制御ユニットとセンサ/アクチュエータとの接続のシリアルデータ通信規格で、将来の車両制御における機能の拡張と大幅な性能向上に対応できる。

主なアプリケーションとしては、エアバッグやその他の車載システムを想定している。

デンソーやフリースケール、TRWのほか、コンソーシアムのパートナー企業は、すでにDSI3規格に準拠したシステム/コンポーネント・ソリューションの開発に着手しており、2013年には量産される予定。