パテント・リザルトは、技術競争力の変化を時系列で分析できる「権利者スコアマップ・時系列分析」を開発した。同社の特許分析ツール「Biz Cruncher」の標準機能として搭載してオンラインサービスの提供を開始した。

新機能によって過去のある時点から現在までに、企業間の競合状況がどう変化してきたかを視覚的にとらえることができる。企業の成長性評価や、特定技術分野における成長銘柄の探索などに活用できるとしている。

Biz Cruncherに搭載されている「権利者スコアマップ」は、個別特許の注目度を評価する「パテントスコア」を活用し、参入企業の競合状況を評価。パテントスコアの算出には、「審査官引用回数」や「無効審判の有無」など、特許の審査経過情報などを活用しているが、従来は最新の経過情報を使って直近の競合状況のみを評価していた。

新機能では、過去の時点の審査経過情報を用いることで、その当時の競合状況を忠実に再現することが可能になる。注目する技術分野について、自社・他社の業界内ポジションがどのように推移しているかを客観的に評価できるようになる。