ランドローバー・レンジ-e

ランドローバーは16日、3月1日に開幕するジュネーブモーターショーに、『レンジローバースポーツ』のプラグインハイブリッドプロトタイプ、『レンジ-e』を出品すると発表した。

レンジ-eには、ディーゼルハイブリッドを搭載。エンジンは、3.0リットルV型6気筒ターボディーゼル「TDV6」だ。トランスミッションは、ZF製の8速ATを組み合わせる。もちろん、駆動方式は4WDだ。

モーターやバッテリーの詳細は公表されていないが、モーターだけで走るEVモードでは、最大32kmを走行可能。エンジン併用時の最大航続距離は、1112kmを確保した。最高速は193km/h。CO2排出量は89g/kmと環境性能は高い。

レンジ-eは、現時点ではプロトタイプ。ランドローバーは今後も研究開発を進め、早期の市販を目指す計画だ。

ランドローバー・レンジ-e ランドローバー・レンジ-e