ピレリ・ジャパンは、4月1日から乗用車・SUV用タイヤの国内市販用価格を平均8%値上げすると発表した。

今回の価格改定は、タイヤの主要原料である天然ゴム価格が過去最高値を更新しているのに加え、合成ゴムやカーボンブラックなどの石油化学関連原材料価格も依然として高い水準にあるため、これらを企業努力のみで吸収することが困難と判断したためとしている。

乗用車用タイヤの価格は、東洋ゴム工業、ブリヂストン、住友ゴム工業と値上げ公表が相次いでいる。