パナメーラSハイブリッド

ポルシェAGは16日、4ドアグランツーリスモのポルシェ『パナメーラSハイブリッド』を導入すると発表した。3月のジュネーブモーターショーで国際披露される。EUの燃費基準で6.8リットル/100kmの燃料消費量と380PS(279kW)の最高出力を両立させた。

この燃費値を達成するためには、オプションで用意されるミシュランのオールシーズンタイヤの装着が必要。パナメーラ専用に開発されたこのタイヤにより転がり抵抗を低減している。標準装着タイヤでの燃料消費量は7.1リットル/100km(NEDC)。

パナメーラSハイブリッドには、既に『カイエンSハイブリッド』で実績のあるドライブユニットを組み合わせている。スーパーチャージャーを備える3.0リットルV型6気筒エンジンは333PS(245kW)を発生し、47PS(34kW)の電気モーターによってアシストする。

動力性能は静止状態から100km/hまでを6.0秒で加速し、最高速度は270km/hに達する。走行条件にもよるが、85km/hまでの速度であれば、電気モーターだけで約2kmの距離を走行することが可能という。

今回、ハイブリッドバージョンが加わることにより、パナメーラは6種類のモデル構成となる。ハイブリッドの市場投入は6月、価格はドイツで10万6185ユーロ=約1200万円だ。

パナメーラSハイブリッド パナメーラSハイブリッド パナメーラSハイブリッド パナメーラSハイブリッド パナメーラSハイブリッド